気に入った○○建設で決定。計画を進めていくうちにオプション費用がどんどんと膨らんでいく?最終段階で適正予算内に収めるには?

注文住宅を検討していく内に、いろいろと気持ちが膨らんで当初の予算からどんどんとかけ離れていくことがあります。

いろんな家を見ていくと気持ちが昂るのも仕方がないかもしれませんね。

もちろんよくそれ自体は悪いことでもなく、自分自身にとって支払う費用に対して価値が高いということであれば問題はないかもしれません。

ただし、青天井に拡大していけばどこかで「破綻」に繋がる限界やキャッシュフローが悪化してライフプランに悪影響をあたえてくる限度があるはずです。

従って全体の大きな予算の枠組みをしっかり把握しておくとともに、しっかりとした住宅建設の計画を進めていくことが最終的な予算に収めていくのには重要です。

いくつかの住宅メーカーや工務店などをみていくと、自分の理想とするイメージに近いものに出会うことがあります。

そうなると、希望の間取りやデザイン、キッチンや風呂その他設備や配置等の希望が聞かれ、イメージが膨らんできます。

設計と建築計画の話が進み土地の購入計画、着工から上棟、引き渡しまでの建築スケジュールと契約日や金消契約日、引き渡しの契約スケジュール、住宅ローン借入方や審査、建築段階に応じた資金の支払い計画等が一気に進められることがあります。

 注文住宅を検討する場合は、それぞれの項目で検討事項は、限りないほどあり、忙しい中そこまで時間をさけない方も多く、まかせっきりになるというケースもあります。

そして、計画が進んでいく中で、基本工事の見積に入っていなかったあれが足りない、これもあった方がいい、と追加工事が次々増えて、当初の基本工事価格からかけ離れた金額になっていくということがあります。

これには、主に二つの原因があり、一方は購入者側で希望が膨らんでいき、オプション工事の数や質がどんどんと増えたり高くなっていくケース、もう一つは意図的ではないにせよ工事費用が見積価格に入っていないものがあったり、基本工事以外の付帯工事やオプション価格が非常に高く設定されているなどの建設業者側が要因のケースです。

例えば付帯工事には、電気引き込み工事、上下水道の引き込み工事、屋外給排水工事、ガス工事などがあります。
ひどいケースになると、別の箇所で出ていた項目が名前を変えて他にもでてくる、というようなこともあります。

 購入者側の要因は、ある程度コントロールできる部分ですが、建設業者側が主な要因のケースの方は、購入者側にとっては非常に分かりにくいものです。追加工事や別途工事という形で専門用語や数字が見積に並び、そういうものと思ってしまいがちです。

従って、結局そのまま追加費用をのむことになり、予算が膨張していきます。
なくなく質を下げるか、諦めるか、という選択になってくることもあります。
これを避けるためには、まず第一段階としては信頼できる建設会社に依頼するということが大事です。

やむを得ない場合は別として、後から高い追加工事が上乗せされるようでは、後のトラブルに発展する可能性もあります。せっかく新築で建てるのに気持ちよい取引は難しいでしょう。

信頼できる建設会社で検討するという次の段階で重要なのが、建設会社の見積内容の把握と比較です。
ご相談者の中にもひとつの建設業者に決め打ちされているケースもあります。決して悪いというわけではありませんが、適正な工事価格の把握と比較が難しくなります。

建設業者によって得意とする構造やデザイン、規格のサイズ等がありそこから少しでも外れてしまうと一気に費用が増えてしまうことがあります。

例えば当初希望通りの予算内に収まり決定していたメーカーの住宅ですが、ご自身が探してきた土地の形状が、このメーカーの規格だとうまくあてはまらず希望の間取にすると数百万円追加費用がかかる、なんていうこともあります。

そうすると振り出しにもどり、また一から始めなければなりません。

このような事態を避けるためには、複数の信頼のおける建設業者から同時並行で検討していくというのは重要な作業といえます。

また、例えば土地の状況によっては、地盤調査や改良工事の内容が異なり工事金額も大きく異なることがありますが、その業者からは一つの見方からの提案しかないかもしれません。

建物の基本の本体工事とは別にかかる付帯工事や外構工事など、工法や内容が違いここでも大きな差が生まれる可能性もあります。

注文住宅の見積項目や内容は数百にも及び、いくつかの業者の見積を比較しても、工事内容の項目や名称がそれぞれ異なっていたりすることも多いため、一見安く思える見積が実は全くそうではなかったり、同じ項目で比較すると安かったものの、別の箇所にも反映されていて、総合的には高かった、ということもあります。

また、「当初は依頼するなら絶対ここと決めていたけれど、他を検討していく内にそこのあるシステムが魅力的で最終的に別のメーカーに変わった」、というようなケースもあります。

ほぼ全体像が見えてきた最終的な段階で、個別的な項目と総合的な要素を比較し判断できれば後悔のない納得できる建築計画に繋がっていきます。

ただ、建築会社によっては、売りや割引を前面に出して営業攻勢をかけて決断を急がされ、強引でいやになってしまうことや、単純に見積を比較してもあまりにも検討項目が多すぎて迷いが生じることもあるかと思います。

そのような場合は専門家にアドバイスを求めることも一つです。
建築会社の勢いにのまれないよう一つ一つ納得しながら進めていきましょう!

 

 

 

 

  |