相続・事業継承

相続に関してのご相談

相続に関してこんなお悩みのご相談が寄せられています。

  • 相続の準備は何をどうしていったらいいですか?
  • 相続税を多く支払うことになりそうで不安だが、どれぐらい払うことになるのでしょうか?
  • 相続税を適正に少なくできる方法はありますか?
  • 家族が遺産相続でもめそうで心配ですが防ぐ方法はありますか?
  • 納税資金はどう準備していったら良いですか?
  • 遺言書は残しておいた方がいいですか?

等々一例です。

平成27年の大幅な税制改正により、相続税の申告対象となる方も非常に増えています。相続問題は不動産、金融資産、保険、税金等を含めたファインナンシャルプランニングの全分野が密接にかかわるケースが多く、家族関係や人生設計など全体像を俯瞰した上で相続対策をしていくことが最適な問題解決につながっていきます。

相続発生をきっかけに大変多くの手続きや作業も発生し、その心労の中、遺産の分割協議等で家族の間でそれぞれの思いがぶつかり、今まで仲の良かった家族が崩壊してしまったという話も良く聞きます。

それは家族のためを想って遺産を残される方にとっては最も望まない形ではないでしょうか。この「争続」に関しては莫大な財産のある資産家に限った話と思われている方も多いのですが、実は財産の大小は直接関係ありません。

相続の対策はすぐできるものから長く時間をかけた方がよいものなど様々です。間違っても配偶者やお子様などに遺産分割の判断や膨大な手続き作業を丸投げして争いの種をまかぬよう、しっかり事前に準備をしてご本人の想いをしっかりお届け下さい。

非常に複雑な、

  • 争続
  • 相続税
  • 納税資金

の問題を専門家の立場から横断的にお手伝い致します。