ライフプランニング

ライフプランニングの必要性

ライフプランニングはすべての分野の土台となる部分です。まず、現在の状況と今後の計画を詳細にそのまま当てはめていくとどうなるかを見ていくことによって、目標の実現可能性潜在的なリスクをみていきます。

どのように年間の収支や資産が推移していくのかを把握していき、適正な住宅購入や住宅ローンの選択、必要保障額の算出や保険の選択、必要な教育資金、税金や年金の把握、老後の資産状況と推移など、重要事項を決定していく上で最も大切な根幹となります。

世帯年収が同じでも人生設計によって老後資産は何千万円もの違いが生まれます。理想とするライフプランとの間にギャップがないか、何に優先順位をつけていけば理想に近づけていけるかを明らかにしていきます。

給与所得、事業所得、不動産所得等の収入に対しての住宅購入、住宅ローン、生活費、貯蓄、家族計画、教育方針、旅行計画、趣味、保険、老後その他の目標や計画等の支出項目を詳細に反映し数値化していきます。

日々の生活の収支と長い人生設計にわたる収支では往々にしてイメージしているものとずれが生じ、これを金額にしてみると驚くほどの差に言葉を失われるケースもあります。

相談者がお持ちの「このままで大丈夫なの?」といった漠然とした不安や「何とかなる!」という過剰な思い込みは「見えていない」ことを原因としていることがほとんどです。

全体像が見えてくると問題があるのかないのか、あるのであればどの程度なのか、それに対してどのような対策をとればいいのかが明らかになってきます。

まだライフプランを作成したことがないという場合は、一度早い段階で把握しておくとご自身とご家族の将来への具体的な行動計画へと繋がっていきます。

 

あなたの人生のほんの少しの時間を使うだけで今まで見えなかった何千万円も異なってくる人生プランを見比べることができ、どの道を選択したいのかを明確にできます。

ライフプランニングは全分野を通じて長期間の土台となる重要な部分ですので、客観的な視点をもち長期にお付き合いできるような信頼できるファイナンシャルプランナーを是非見つけてください。当事務所では1年間の相談回数無制限でとことんお手伝いさせていただきます。